【株式会社横浜石英】2m越えの大型ガラス部品から、微細形状まで加工可能です。

2m超えの大型ガラス加工はお任せください。
大型加工機22台あります。量産可能
石英ガラス、建材用ガラス、耐熱ガラス、セラミック
大型製品から、微細加工や研磨加工までニーズに合わせて製造します。

株式会社横浜石英

社長と専務は加工歴30年以上です。
他に加工歴10年以上の職人が20名おります。
その安定した技術力は長年のお客様から信頼をいただいております。

お問い合わせはこちら
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
03-5623-9807

大型ガラス加工の技術

業界内では最大級のガラス加工機を多数設置

大型の製品は、その材料だけでも希少であり高額です。そして大きさゆえに、加工も時間を必要とする製品です。
弊社では開業当初から大型のガラス加工機(マシニングセンタ)を導入し、現在までに数々の大型製品を製造してきました。その技術力は、液晶や半導体の製造装置が大型化の傾向にあるなかで、お客様よりご好評をいただいております。
平成12年に開設した福島工場には、1メートル以上の製品に対応できるガラス加工機(マシニングセンタ)を多数設置し、納期面でも、皆様にご満足いただけるよう、努力を続けております。

ガラス加工機(マシニングセンタ) 大型ガラス
写真のような木箱に梱包して発送いたします。

ガラス加工機のテーブル移動量(最大の場合)
(マシニングセンタ)

X3000mm×Y2200mm×Z500mm
X2000mm×Y2600mm×Z600mm

厚みだしは直径1800mmまで加工可能です。
この他に、3次元測定器は1100mm×1900mm×900mm、
超音波洗浄器は1200mm×1200mmを福島工場に設置しています。

加工歴10年以上の職人たち

熟練の技で、割れやすく脆いガラス素材を扱っています。

私たちの扱うガラス素材は、割れやすく脆い材質です。適切な取扱いを習得するには年数を必要とし、製品完成までの工程の多さから、チーム力は不可欠です。
横浜本社工場は、加工歴10年以上の技術者が多く、その安定した技術力は、長年のお客様から信頼されています。また、大型加工機の多い福島工場には若い年齢層の社員が多く在籍し、全力で大型のガラス加工を行っています。

私たちが作っています。
私たちが作っています。

こんなことできる?ご相談窓口

大量生産や1個からでも対応可能

研削加工の他、研磨と大型ウォータージェット加工機を設置しています。

多数の研削加工機の他に、自社内に研磨と大型ウォータージェット加工機を設置し、短納期対応が可能です。パターン蒸着品などパターン位置を基点とした加工の他、新素材へのテスト加工もいたします。
2mを超える大型製品から、微細加工や研磨加工を要求されるものまで、幅広い加工技術で、お客様のニーズに合わせた製品の製造が可能です。
ご希望の素材をお知らせいただければ大量生産や、1個からでもお受けします。

福島工場
福島工場

加工案内

開業当初は石英ガラスの研削加工のみでしたが、現在では技術の向上により、様々な素材の研削加工も行えるようになりました。

加工素材について

次の材質以外にも、サンプルをご提供いただければテスト加工を行いますので、お気軽にご相談ください。

さまざまな形状の製品の加工を行っています。
さまざまな形状の製品の加工を行っています。

石英ガラスのあらゆる種類に対応

石英ガラスの成分は、二酸化ケイ素が100%です。
別名溶解石英、溶融シリカ、シリカガラス、二酸化ケイ素、SiO2、無水ケイ酸、シリカ、silicaなどとも呼ばれています。
金属不純物の割合が極端に少ないために、とても透明度が高く、熱に強く、高純度で、薬品に侵されにくいという特徴を持っています。
ガラス部品の素材として、最も利用されている石英ガラスですが、石英ガラスにも種類があり、耐熱温度、紫外線透過率、気泡の有無を考慮して、材質を選定することが必要です。

合成石英 プリズム・窓・レンズ
光学的に優れている・透過率が良い
半導体装置部品 半導体装置部品
不純物が少ないのでガスの発生が少ない
石英ガラス 有水・・酸水素の火で溶かしてつくる
無水・・電気の熱で溶かしてつくる
石英ガラス

耐熱ガラスにも対応

テンパックスは、最高使用温度490度の耐熱ガラスです。
急激に加えられる熱に耐える力(耐熱衝撃性)は、一般的なソーダガラスに比べ優れています

テンパックス
パイレックス
液晶装置部品などに利用される
約490度まで耐熱性がある

ウエハへの研削加工

右の写真のような、切り抜き加工の他に、ウエハへのザグリ加工なども行えます。
非常に浅い傷ですが、ウエハの表面につきます。
切削油の影響により変色する場合があります。

ウエハへのザグリ加工 ウエハへのザグリ加工

研削加工の仕上がり状態

研削加工は、ダイヤ工具などを使い、素材を削りながら加工する方法です。そのため、加工後は研削目(曇りガラス)
の状態です。次の処理を施すことにより、表面の状態を変える事ができます。

こんなことできる?ご相談窓口

特殊加工

多様な特殊加工を行います。

●放物線状のレンズ(粗削り)
●凹凸のレンズ(粗削り)
●PTネジ(JIS規格)のオスネジ・メスネジ
●平行ネジ(JIS規格)のオスネジ・メスネジ
●縦穴加工
●ウエハへの研削加工

左記の製品は、ご依頼先のお客様より、ご好評を頂いております。
また、レンズの粗削り加工は1mを超える大型製品の加工実績があります。
その他の複雑形状の製品にも前向きに取り組みますので、お気軽にご連絡ください。

特殊加工 特殊加工 特殊加工 特殊加工

微細加工

社内に微細研究部門を設立しています。

近年、お客様から微細穴などの加工や、アルミナ・チッカケイソのような材質への加工のお問い合わせを多く頂くようになりました。
それに伴い、平成10年に会社内に微細研究部門を設立致しました。
数々の試作・実験をかさねまして、右記ような結果を得ることが出来ました。

材質 穴径(mm) 深さ(mm)
石英 0.3 4
パイレックス 0.3 4
シリコン 0.45 5
セラミックス 0.15 1.5
その他樹脂 0.15 0.3

これらはドリルによって加工をする為、超音波加工では得られない高精度で加工をする事ができます。
この微細研究部門には主軸回転数50000回転の最新機種の機械を導入しております。この機械は、微細穴加工以外にも、アルミナ・チッカケイソなどの製品の加工にも威力を発揮しております。

微細加工
単結晶シリコンへのφ0.45mmの穴加工
微細加工
アルミナへのφ0.15mmの穴加工

こんなことできる?ご相談窓口

設備機械

弊社の設備をご紹介いたします。

横浜工場 機械設備

設 備 X(mm) Y(mm) Z(mm) 主軸回転数(rpm) 台数
マシニングセンタ
(テーブル移動量)
1200 800 650 10000 1
1500 1100 900 20000
1500 1100 900 10000
1500 1100 900 12000
1650 1100 600 12000
600 400 500 15000 2
縦型NCフライス 370 700 400 4000(増速機付)
縦型フライス 300 650 400
400 800 450
横型フライス 250 500 400
精密旋盤
炉芯管研削用硝子旋盤 パイプ径φ250
平面研削盤 400×600

300×600(縦軸)
研削用設備   1式
CAD/CAM 2式
サンドブラスト 600 800 1

福島工場 機械設備

設 備 X(mm) Y(mm) Z(mm) 主軸回転数(rpm) 台数
マシニングセンタ
(テーブル移動量)
3000 2200 585 10000 1
2500 2000 800 12000
2000 1400 585 10000 3
2000 1150 585 10000
2000 1050 660 12000
1950 510 510 10000 5
1050 560 520 12000 2
600 400 400 50000 1
1050 560 520 12000 1
1540 760 660 12000 2
縦型フライス 300 650 350
精密旋盤 2
平面研削盤
(縦軸ロータリー)
1400 400 200
700 500
ロータリー研削盤 φ1220 2
CAD/CAM 1式
超音波洗浄機 1200×1200
三次元測定機 1100 1900 900 1
280 480 250 1
サンドブラスト φ1400 1
ウォータジェット X3000 Y1500 Z200 1
三次元測定
三次元測定
福島工場に設置の大型三次元測定機で、検査データを作成いたします。
※注文時にご指定ください。
検査のみも承ります(有償)。
《測定範囲》X1100mm×Y1900mm×Z900mm
超音波測定
超音波測定
大型製品への対応可能です。
1200mm×1200mm
※注文時にご指定ください。《純粋装置完備》

会社概要

社名 株式会社横浜石英
住所 本社
〒241-0805
神奈川県横浜市
旭区都岡町5の1番地
TEL 045-952-5439
FAX 045-952-5429
福島工場
〒963-5407
福島県東白川郡塙町
大字西河内字上福沢1の19
TEL 0247-43-0847
FAX 0247-43-0806
事業内容 石英ガラス・パイレックスガラス・特殊ガラス・シリコン・セラミック・樹脂・その他非鉄金属の精密フライス加工
・大型ガラスへのマシニングセンタ加工
・主軸回転数50000回転の機種で行う微細加工
・ガラス素材への研磨加工
・ウォータージェット加工
設立 平成4年5月26日
資本金 5000万円
役員 代表取締役 新川 一郎
専務取締役 安西 康博
取締役福島工場長 大野 仁嗣
監査役 新川 尚子
技術部


品質管理課
係長
主任
主任
課長
楊   篤司
下條 丈裕
齋藤 伸彦
大野 仁嗣
従業員数 40名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、横浜銀行、横浜信用金庫、城南信用金庫、白河信用金庫
福島工場
福島工場
株式会社横浜石英

ご相談・お問い合わせ

どんなことでも、お気軽にお問い合わせください!

ご相談・お問い合わせ窓口

03-5623-9807